「仕事は楽しいですか?」と聞かれても、楽しいのは一瞬だ。

仕事は楽しいですか?

仕事を初めてから、何度も聞かれてきた。
僕が思うに仕事は楽しくないと思っている人が多すぎる

  • 平日の起きてる時間の半分。
  • 1週間の起きてる時間の3分の1。

仕事が楽しかったら、人生は楽しいだろう。
仕事が楽しくなかったら、人生を楽しくするのはなかなか難しいだろう。

 

楽しいの基準

仕事は楽しいですか?

という問いに対し、僕は

楽しいですよ。

と答える。だいたいの人は珍しそうに「へー」と言う。少しイジワルな人は

仕事の内容が?それとも人間関係?

と聞いてくる

どっちもですかねー

と僕は答える。

インドの1人旅を楽しいと思う人間だから、楽しいの基準が低いのだろう。
でも、楽しい」と言わなきゃ損ではないか?
もちろん苦しいのに「楽しい」と言う必要はないが

  • メッチャ難しいゲームをして
  • お金がもらえて
  • 上手くできたら感謝されて

楽しい要素はいっぱいあると思う。

 

楽しいのは一瞬

子供が夢見る、大人も夢中にスポーツ選手だって楽しいのは一瞬だ
鉄人、金本選手が引退会見でこう語っている。

野球を10歳から始めて、7割8割が辛いことで、2割3割の喜びというか、充実感というか・・・、その少しの2割3割をずっと追い続けて、7割8割苦しい思いをしたという、そんな野球人生でしたね。

ダウンロード

 

大好きな野球を仕事にして、大成功した人がこう言っている。

  • メッチャ輝くには、それなりの苦しいことがある。
  • 苦しまなかったら、そんなに輝かない。

苦しむ・苦しまない、どっちを選んだとしても

  • 仕事は楽しい」と言っていたら人生楽しくなるんじゃなかろうか。
  • 人生楽しい」と言っていたら仕事も楽しくなるんじゃなかろうか。

そう思います。

 

以上。最後まで読んで頂き、ありがとうございますm(__)m

↓仕事を楽しくするためのヒントはこの本。

関連記事