会計士の意味

ダウンロード (25)

 

昨日の日経新聞の1面です。今回”のれん”の会計処理見直しは1面になるほど、影響の大きいニュースです。

若干の経緯を説明すると、”のれん”の会計処理は長い間、海外と日本で違いました。日本の会計処理ではM&A(企業買収)が進まないという批判がありました。

アベノミクスの成長戦略の一環、海外との会計基準の一致を目指して、今回見直そうというわけです。

海外と日本、どちらの会計処理も良さがあり、悪さがあり、理論的に考えると結論の出る問題ではありません。もう、周りの様子を見て判断するしかないのです。

会計士はそうやって決められた基準を守らせるための存在。全ての会社が同じ会計基準を使うことで、投資家が企業の比較ができます。だから、上場会社は基準は守らなければならないのです。そのために会計士がいます。

さあ、今日も仕事しましょうか。

関連記事