労働基準は古いのではないか?

労働基準法-第32条(労働時間)にこう定められています。

  • 使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。(第1項)
  • 使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。(第2項)

戦後間もない昭和22年に生まれた法律です。その頃と今では、働き方は大きく変わりました。

今でも、「1日について8時間を超えて、労働させてはならない」、身体を使う労働者の方はたくさんいます。大事な法律だと思います。

しかし、私の様に冷暖房完備のオフィスで座ってパソコンに向かっているだけの労働者は「1日について8時間を超えて、労働させてはならない」とは思えません。

images (16)

コーヒー飲みながらでも、音楽聞きながらでも、それを仕事と言ってしまうのは変な気がします。

日本の頭脳に、良い落としどころを見つけてほしいですね。

 

関連記事