専門家として見られるというコト

昨日、

「なぜ簿記を勉強するのか?」

について、人前でしゃべらせて頂きました。

楽しかったです。

卒業論文も、似たようなテーマで書いているので、
ちゃんとしたコトを話せたと思います。

そこで、感じたコト。

***************************************
大学生であろうと、
僕は公認会計士であって、
会計周りは全部知っている
と思われている。
***************************************

僕は一方的に話すのが嫌いなので、
質疑応答の時間をたくさん取ります。

すると、予想もしていなかった質問が飛んできます。

会計士だから答えられる
と期待されていますが、

実際は知らないコトもたくさんあります。

でも、

分かりません

と言ってしまうのは、専門家として失格です。

覚えていなかったとしても、
調べて答えたらそれでOKです。

(昨日は2つ間違ったコトを言いました。
 申し訳ありません。)

ただ、

今の時代、そんな甘くありません。

Google・Yahoo知恵袋といった
強力な専門家がいます。

カンタンな質問は、検索すれば
そこで分かってしまいます。

それでも、専門家に投げかけられるのは

***************************************
他の人には公表できないような秘密の問題
知恵袋では答えられないような複雑な問題
解釈が必要で、人によって意見が分かれる問題
***************************************

そんな難しい問題ばかりです。

Google・Yahoo知恵袋に勝つには、
この難しい問題に答えていかなければなりません。

それが存在意義ですので。

時間がかかってでも、自分の答えを出す。

そうやって経験を積んでいくしかないと思います。

打倒知恵袋で頑張ります)^^

明日から、

「なぜ簿記を勉強するのか?」

話したコトをまとめていきたいと思います。

明日は「簿記検定を取る意味
お楽しみに!

関連記事

専門家として見られるというコト」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    セミナー楽しく聞かせて貰いました。
    ありがとうございます。
    最近は大抵の事はネットで調べればわかりますからね^^;
    専門家だからこそと期待されてることって沢山あると思います。
    でもそういうのって人前で話をして、相手の反応をみて初めてわかることがほとんどなんですよね。
    営業してても、そんなこと聞かれるんだとか、こういう風に言うとそんな風な反応になるんだと、お客様を相手にして初めてわかること沢山あります。
    そういう経験も経て本物の専門家になっていくんですよね(^∇^)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >経営者へ成長中のサムさん
    コメント有難うございます。
    いろんな経験積んで、成長していきます!
    佐村田さんと同じように上を目指していきます!

コメントは停止中です。