税理士は日本だけの制度 起業が少ないのはそのせい

会計士は世界にいますが、税理士は日本にしかいません(おそらく)。意外と知られていないことですが、私もその理由までは知りませんでした。

税理士が日本にいる理由の1つが、サラリーマンと自営業の税金申告のギャップが大きすぎるからだそうです。

日本のサラリーマンは、税金に関わる情報を会社に提供すれば、会社が税金の申告を済ませてくれます。しかし、アメリカでは税金の還付(払い過ぎの戻し)を受けようと思ったら、サラリーマンでも自分で申告する必要があるそうです。

ということは、アメリカのサラリーマンの方が、日本のサラリーマンよりも税金のことをよく知っているでしょう。税金の申告はアメリカ人にとって、税金のプロの頼むような仕事ではないということです。

これが日本の起業の壁になっているのではないか、と私は思います。

サラリーマンをやめたらいろいろ面倒くさいという現状を変えれば、起業は増えるのではないでしょうか。

日本のサラリーマンへのサービスは充実しています。起業した人の面倒を解消するサービスが充実するといいですね。

images (24)

関連記事