西田 雄祐さん「本気で思ってるヤツが叶える」

13288698_914024468725143_906421507_o

西田 雄祐(Nishida Yusuke)さん

  • 25歳(記事公開時点)
  • 雨男
  • 甲南大学法学部 卒
  • 総合サービス業
    不動産2年間
    映画1年間
    ⇒6月から東京で不動産
  • 好きなスポーツは
    サッカーゴルフ

西田君は、夢を聞いて回っています。お互いにインタビューしました。

13288587_914024298725160_1772712445_o

桑理の夢「普通の幸せを極める」です。

 

 

夢を聞いている理由

 

桑理:夢を聞いている理由、教えてくれる?

西田:自分の夢って固定概念でしかないと思ってて。自分の夢を明確にするために、友達だけじゃなく、いろんな人の夢を知りたい。だったら、聞きに行ったらイイと。

桑理:ほぉー。

西田:夢って自分だけでは叶わない気がしてる。他の人の夢も、応援したいな。

桑理:なるほど。

西田:全国を回って夢を聞きたかったけど、学生時代はお金が無くて。。社会人になってから、年に1回、長期休みで回ってるねん。

13287936_914024252058498_1838385486_o

九州を1周した時、旗に集めた夢。

西田:人見知りしない性格で、タクシーのおじさん・飲食店の人、誰にでも声かけちゃうな。

桑理:才能やな!

西田:そんな感じやから、他の人からも声かけられやすいみたいで。梅田で仕事してた時も、出勤中にヨドバシ探してるおばあちゃんに話しかけられて。「ヨドバシあっちやけど、10時開店で、まだ8時半やで」言うて、仕事までカフェで話してた(笑)。

桑理:すごー(笑)。

西田:そのおばあちゃんも、知らない男によくついて行ったと思うけど(笑)。俺と同じぐらいの孫がいるって言ってたから、80歳ぐらいかなぁ。

 

 

西田君の夢

 

桑理:西田君の夢は?

西田:お店を出すこと。夜はバーで、昼はランチをやってる感じの。

桑理:ほぉー。

西田:高校の時の親友と考えてた話で。そいつが鹿児島に行って大学時代はあまり会って無かったけど、久し振りに会った時に「あれ、覚えてるか?」って。

桑理:いいなー!

西田:時期はまだ決まって無いけど、そいつと一緒にやりたい。今の会社に入ったのもそのためで、不動産・映画といろんな経験をさせてもらってる。特に、店をやるには不動産が必要やし。夢に向かって思い通りに進んでいて、逆に恐いな。

桑理:夢を聞いていて、良かったことはある?

西田:他の人の夢を聞いて、親友と夢を語り合って、、、どういうお店にしたいかが決まってきたな。大きい店じゃなくて、アジト的なコミュニティを創りたい。

桑理:ほーほー。

西田:俺は料理もできないし、経営する側になる予定。学力は無いけど、経営はセンス的な所があると思うし。仕事で社長店舗開発の人と話したり、経営の本を読んだりして、勉強してるわ。

桑理:アジト的なコミュニティで、イメージに近い店ってある?

西田:最近知ったんやけど、「森の図書館」っていう、本が読めるカフェが凄いな。

cached (1)

渋谷にある本の森?お酒も飲める”森の図書室”が居心地◎で働く大人女子にうってつけ

まさにアジト的なコミュニティです。

 

 

夢のカタチ

 

西田:お客さんが笑って帰れる店を創りたいな。雰囲気を大事にして、笑いの絶えない店にしていきたい。

桑理:いいね!

西田:昔もサッカー部で部長やってたし、仕事でも盛り上げ役になったり、バイトの人をイジってみたり。雰囲気を創っていくのが好きやな。

桑理:なるほど。

西田:店でもお客さんに夢を書いて欲しい。写真を撮って、壁に貼ってもらう。今集めてる旗も色紙も、店の壁に貼らせてもらうつもり。

桑理:楽しそう!

西田:写真で見た人が、面白そうって思ってもらえる店づくりをしていきたいな。今も、インスタにアップしたら「私も夢書きたい!」っていう人いるし、そういうの好きな人多いと思う。

 

 

夢が生まれる時

 

桑理:高校生の時、2人の夢はどうやって生まれたん?

西田:飯を食うのが好きで、昼も夜もいろんな所に行ってて。「2人で何かやりたい」「バーってカッコいい」って感じ。単純な子供の憧れ (笑)。

桑理:なるほど(笑)。

西田:でも、それが今でも続いているのがスゴいと、自分達でも思うな。そいつが覚えててくれたことが嬉しいわ。

桑理:いい話やなー。

西田:メニューを作らなあかんねんけど、調味料に賭けてみようと思ってる。

桑理:調味料?

西田:に賭ける。

桑理:塩?

西田:塩ラーメンの美味しいお店は、何のラーメンでも美味いねん。醤油とか、豚骨は味をごまかせるけど、塩はごまかせない。それにビビッときた(笑)。

桑理:なるほど!

西田:お酒の店やな。カウンターに世界中の塩を置きたい。

桑理:いいねー!

西田:何でも塩で食べてみよう。でも、食べ過ぎに注意 (笑)。

 

 

目標とする生き方

 

西田:夢を語ると「ホンマに出来るの?」とか「せっかく大きな会社に入ったのに辞めるのもったいない」とか、よく言われるけど。

桑理:そうやなぁ。

西田:よく言う「人生は1回きりだから、チャレンジする」とかじゃなくて、本気で思ってるヤツが叶えるっていうのを実現したい

桑理:ほぉ!

西田:武井壮の「オトナの学校」知ってる?

武井壮さんが、大人の育て方を語ったテレビ番組。
現実を直視して、夢を追いかけてきた武井さんだから語れるコトだと思う。
とても勉強になり、やる気が出ます。

西田:俺の尊敬する人。1番の目標やなー。

 

 

 

友達を大事に

 

桑理:どういう子供やった?

西田:自由にさせてもらってて、やりたいと思ったら勝手にやってたなー。親から「勉強しなさい」って言われたことがなくて、「あんたは友達が多いから何とかなる」って言われてた(笑)。

桑理:なるほど(笑)。

西田:幼稚園からサッカー始めて、高校卒業までずっと。大学でもサークルでやってたわ。

桑理:ふむ。

西田:お姉ちゃんと妹は勉強してたけど、俺だけ勉強しなかった。勉強しといた方がイイのは解ってるけど、勉強したから仕事がデキるわけじゃないし、ある程度でイイかなって。

桑理:ほぉー。

西田:大学は自分の学力でいける所を選んで、4年間、友達に費やしてたわ。自分の長所を伸ばして、コミュニティをいっぱい形成したかった。高卒でいきなり働くと、4年間の分で縮んでしまうと思うな。

桑理:なるほどねー。

西田:毎日楽しかったな。アホなことを含め、楽しいコトいっぱいした。いろんな遊びを知っておかないと仕事出来ないし、いろんな人と話しておかないと仕事にならないと思う。

桑理:そうやなぁ。

西田:頭が良くて、収入が多くても、コミュニティや友達が少ない。そういうのは目指して無かったな。こうやって生きてて、今も楽しいし、将来も楽しいと思うわ。

 

 

編集後記

 

目標が次々と出てくる人。聞いていて、とても気持が良い。
だからこそ、周りの人も、西田君に夢を語りたくなるのだろう。

を語れるコミュニティを、あくまで現実的に創っていく
そんな過程を応援したいと思います。

関連記事