1分でわかる!会計の話Vol.17「B/S(貸借対照表)とは」

Vol.16「純資産とは」で説明しました。

o0373030412253851898

資産 = 負債 + 純資産
これがB/Sバランスシート)です。
************************
借金を100万円したとしましょう。
  • お金が100万円増えるので、資産が100万円増えます。
  • 将来100万円返さなければならないので、負債も100万円増えます。

B/Sは、左側も右側も100万円増えます。

  • 100万円の借金を返すと、資産負債も、100万円減ります。

B/Sは、右側も左側も100万円減ります。

************************

宝石屋さんが1億円の利益を出すと、

  • お金が1億円増えるので、資産が1億円増えます。
  • 利益は返さなくて良いので、純資産も1億円増えます。

B/Sは、右側も左側も1億円増えます。

************************

ここで思い出して頂きたいのが、

利益 = 収益 - 費用

Vol.12「利益の計算」で説明した、この計算です。

 

そこで、もう1つの絵が出てきます。

損益計算書

英語で

Profit and Loss収益費用
略してP/Lピーエル) 

o0400030012264177064

 

収益 - 費用 = 利益

収益は、利益を増やすので右側
費用は、利益を減らすので左側

o0400030012264177064

B/Sと繋がっています。
このパズルが、簿記のオモシロさ。

 

 

次回はP/L(損益計算書)
お楽しみに!

関連記事

1分でわかる!会計の話Vol.17「B/S(貸借対照表)とは」」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    B/Sの構造さえ分かってれば
    仕訳で右か左かで悩むこともないよね~
    そこらの簿記の参考書より
    ツボを突いてる気がする!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >KAIBA-MANさん
    考えているうちに気付いた。
    PLはBSに合わせて、右と左に分けられてるんかなと。
    この調子で書いていきます(^^)
    読んでくれてありがと!

コメントは停止中です。