IT監査もやることになった件

監査法人に入って3年半。
IT監査部門を兼務することになりました。

 

IT監査とは?

 

IT監査とは、企業のITがちゃんと動いているか見る仕事。

 

日々の生活で例えると、

お風呂の自動お湯張り機能は、ちゃんと動いているか?

200リットルに設定したのに、300リットル入っていたら大変です。

居酒屋のタッチパネル注文は、ちゃんとキッチンに届いているか?
ATMで暗証番号を入れないと、お金が出せないようになっているか?
入力したデータに不備があれば、やり直すようになっているか?

日々の生活を色々な場面に、ITが使われています。

会社で言うと

営業所から本社に飛ばしたデータは、正しく連携しているか?
重要なデータは、自動バックアップを取っているか?
権限の設定の無い人は、ページに入れないようになっているか?
パスワードは定期的に変更するようになっているか?

監査すべき点が、たくさんあります。

 

IT監査部門とは?

 

会計監査を受けているような大きな会社であれば、業務のほとんどにITが使われています。
しかし、会計士はITのことがよく解らないので、IT監査部門があります。

会計士が「会計監査のために、この部分のITを見てください」と指示します。

IT監査部門は、

  • ちゃんと動いてました。
  • ここを直すように、会社に指示しました。
  • ここのITも見た方が良いのでは?

と会計士に報告します。

 

監査の問題点

 

しかし、IT監査を専門でやってきた人は、会計のことがよく解りません
先ほど触れたとおり、会計士はITのことをよく知りません

結果は、、、ご察しの通りです。

会計士はITを理解していないと、10年くらい前から散々言われてきました。
僕自身、仕事をしていく中で問題点を感じています。

たまに、会計もITも両方解る人がいて、

この人すごいな。と言うより、あるべき姿やんな。

と思ってきました。

昔からパソコンいじるのは好きで、勉強してみたら面白かったので、会計もITも両方解る人を目指してみます。

ちなみに、応用情報技術者まで持ってます。
システム監査技術者は諦めた(というのはウソでまた忘れた件)

 

いつ監査法人を辞めるのか?

 

  • 昔から「ベンチャー面白そう」と言ってます。
  • インタビューはメッチャ面白い。
  • ブログは楽しく書いています。

「桑理はサラリーマン辞めるんだろうな」と思われていますし、僕自身そう思ってきました。

でも、監査の仕事はとても好きです。
さらに最近、監査法人ってメッチャ面白いと思っています。

モノは何も持っていませんが、情報ネットワークの宝庫です。
何も作ることはできませんが、何にでも関わることができます

だから、何か作りたくなるまで、監査法人で遊んでみようと思います。

 

  • インタビューは本気で続けます。
  • ブログを知らない人にも読んでもらえるように。
  • 子供が産まれたら、出来るだけ一緒にいたいし。
  • 野球も続けるし、スポーツや芸術の幅を広げる。

一貫性は無いですが、知的好奇心が満たされ続ければ、僕は満足です。
profile_guest_tokoro_34

所ジョージさんみたいに、才能豊かなオジサンになりたいですね。

 

 

以上。最後まで読んで頂き、ありがとうございますm(__)m

関連記事