30%でも働ける道を(良い給料で)

家族と働き方を語る会」しました。

男女比も良く、お子さんがいる人も来てくださり、とても具体的な話が出来ました。

 

 

【お金のために働きたくは、無い】

人口減少の日本で、

  • 一億人総活躍社会
  • 女性の社会進出

が言われています。

しかし、

  • 働かなくても良いなら、働きたくない。
  • お金を気にせず、好きなことをしていたい。

多くの人が、そう考えていると思います。

 

とは言え、働かなくては生きていけません

問題は、良い給料で、責任のある仕事をするには、長い時間働かなければならないこと。

 

 


【正社員になることが、良いこと?】

一億総活躍社会を目指して

  • 派遣社員の正社員化
  • 女性管理職比率の増加
  • 起業しやすい環境作り

それぞれ、良い取組みだと思います。

しかし、100%の力で仕事を続けるのが当たり前なのでしょうか?

出産、子育て、介護、、、
働ける時間に制限のある人が、たくさんいます。

引退するまで、100%の力で仕事を続ける。

これは、当たり前のようでいて、とても幸運なことです。家族のサポート無しでは出来ません。一億総活躍時代なら、多くの人が無理でしょう。
保育士や、家事手伝いの人を、政策としてメッチャ増やすなら可能かもしれませんが。。。

 

 


【短い時間じゃ、大した仕事は出来ない?】

1日6時間週3回働けるとして、どんな仕事が出来るでしょうか?

デザイナーのような超特殊技能を持っている人を除き、高校生アルバイトでも出来る仕事でしょう。

通勤時間などを除き、実際に仕事が出来るのは1日4時間
時給1,000円だとしても、週に12,000円。月に50,000円。。

「じゃぁ働かくてもいいか。」と思ってしまいます。

時間に制限がある中で、責任のある仕事をし、良い給料をもらうには?

  • 正社員となった会社自由に働ける地位を手に入れる
  • 人を雇う立場になる。

今のところ、それ以外の道は厳しいでしょう。
「育休世代」のジレンマ 女性活用はなぜ失敗するのか? (光文社新書)

この本で言うには

入ってしまった企業で、パイオニアとしてルールを変えようと戦うこと

だそうです。頑張ります。

 

 


【30%でも働ける道を(良い給料で)】

育休取得&不倫で、メディアを賑わせた国会議員がいましたが、国会だって自宅からネットで参加しても良いですし。

社会全体としては

  • 「偉い人は長い時間働くという固定概念を変える。
  • 「時間に制限があっても、責任のある仕事できる仕組み」を整える。

こんなところでしょうか?

参加してくれた方が、テレワークを推進する仕事をしていました。

img3

企業のワークスタイル変革の1つに、 情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した「場所と時間にしばられない多様な働き方」=テレワークがあります。
ブイキューブは、Web会議サービスなどのビジュアルコミュニケーションサービスで貴社のテレワーク推進を支援します。

 

このような、具体的な働き方の勉強会もしたいですね。
語る会も、ネット開催にすれば、もっと回数を増やせます。

 

 
以上。
最後まで読んで頂き、ありがとうございますm(__)m

関連記事