関西を盛り上げる人②牟田口勇人さん

牟田口 勇人(Mutaguchi Hayato)さん

  • 大阪府箕面市 出身
  • 関西大学経済学部 卒業

【現状】

  1. デウソン神戸アスピランチ 選手
  2. 合同会社BRAVE INDUSTRIES 代表社員
  3. F.O.A OSAKAフットサルクラブ 監督

【解説】

  1. 日本フットサルリーグ デウソン神戸の下部組織です。
    プロのフットサル選手を目指しています。
  2. スポーツマネジメント・アパレル・Webデザインなど。
    牟田口さんが創業した会社です。
  3. の会社が運営する、社会人フットサルクラブです。
    牟田口さんが監督もやってます。

※桑理が大学時代にインターンしてた会社で、少しだけ知り合い。
Facebookで活躍を見て、インタビューをお願いしました。

 

会社やりながら、プロフットサル選手を目指す

桑:なぜ、今のようになったのか、とても気になります。

牟:難しいなぁ。。。ほとんど思い付き。

桑:ほぉ。。。

牟:計画性のないタイプ(笑)。あまり良くないと思いつつ、そういう人がいてもイイかなと。

桑:サッカーを始めたのはいつですか?

牟:中学からサッカー始めて、高校の時から、サッカーとフットサルを両方やってきた。

桑:その頃から、プロになりたいと?

牟:心の底では思っていたけど、本気でプロになりたいと思ったのは、ここ最近かな。

桑:ほぉ。

牟:フットサルのプロも、狭き門やしね。でも、会社を始めた時に1つ夢が叶って、次は心に秘めていたプロに挑戦しようと。

桑:なるほど。。

牟:高校から10年くらい同じ社会人チーム(フエルテ大阪)にいたけど、去年の5月からデウソン神戸の2軍で、プロを目指してる。

桑:ふむ。

牟:2軍の平均年齢は20歳前後。ホンマは23歳以上は入ったらアカンかったけど、頼み込んで入れてもらった(笑)。

桑:おぉ。

牟:プロとして試合に出て、自分の価値を上げたい会社やりながらプロを目指してるのは珍しいけど、だからこそ、それが人間としての価値になると思う。

 

やってることが、あり過ぎる

牟:2014年に会社を創って、スポーツマネジメント事業の一環として、F.O.A OSAKAを創った。

桑:はい。

牟:自分の練習が週5で、自分のチームの練習が週2。練習は基本夜で、昼は仕事。毎日がフットサル仕事の両方やな。

桑:ほぉ。。。

牟:チームのHPは自分で作るし、チラシとかグッズは、自分でデザインして、機械も工場に行って自分で動かしてる。プチプチに包んで箱に入れて、送り状を書くのも自分で(笑)。

桑:すごいなぁ(笑)。

牟:最近、デウソン神戸のグッズも作らせてもらった。プロのチームから仕事もらえることってなかなか無いし、プロを目指してることが仕事にも繋がってる

桑:すごいですね。。。

牟:会社のオリジナルの商品として、スポーツ系ブランド(FOOTCROWN)もやってる。

桑:ほぉ。

牟:性格的にすぐに新しいモノに手を出してしまうけど、継続性のある事業をしないと意味が無いなぁと思ってる。利益が取れるものに絞っていかないと。

桑:そうですね。。。

牟:でも、自分の人生1回きりやしな。やり過ぎ感はあるけど(笑)。

桑:はい(笑)。

 

牟:俺、監督も全力やし、練習でいつも大声出してる(笑)。

 

常にブラッシュアップ

桑:やっぱり、なぜ今のようになったのか、気になります。。

牟:根本的な所で言うと、課題解決がすごく好きやな。

桑:ほぉ。

牟:例えば、フットサルチームがSNSで発信する時に「どんな写真を撮ればイイか?」とか「写真に日付を入れたら解りやすい」とか、1つ1つ課題を解決していく。

桑:ふむ。

牟:社会人になって初めてデザインやったけど、独学でイラストレーターもフォトショップも使えるようになった。グッズも、作りたいと思ったら、自分で調べて作ってきたな。

桑:すごいですね。。「課題」を見つけるために、何か意識してることはあるんですか?

牟:うーん。。。課題って言うか、自分の頭で想像したことを実現するために「じゃぁこれが必要」って感じやな。

桑:ふむふむ。

牟:会社で働いてた時は、新しいことをやろうとし過ぎて怒られてた(笑)。

桑:(笑)。

牟:ブラッシュアップって言うんかな?「ホンマにそれが正しいのか」を常に考えてる。「この仕事、他に方法ないん?違う方法あるやろ?」って。だからルーティーンが出来ない(笑)。

桑:なるほど(笑)。

牟:同じコトを10年間やり通せる人もいるし、それは素晴らしいコトやと思う。俺みたいな人が8割やったら、この世界無くなるし(笑)。

桑:そうですね(笑)。

牟:100通り探して、他に方法がないなら、その方法でやるけど。今の時代、95%以上は他に解決策があると思う。自分たちの時間を増やせて、もっと簡単にできる方法があるはず。

桑:そういう考え方は、いつからですか?

牟:昔はそうじゃなかったけどなぁ。。。でも、サッカー始めるのが遅くて、高校の時に社会人フットサルチームに入った頃かな?

桑:ほぉ。

牟:その頃に「自分で考えて行動する」基礎が出来たと思う。

 

関西を盛り上げる人

 

牟:関西は、関東と比べて人の数が少ないけど、フットサルコートの数も少ないねん。

桑:ほぉ。。

牟:ずっと大阪に住んでて、今は神戸にいる。フットサルだけじゃなく、他のスポーツも盛り上がっていって、関西に仕事が増えたらイイな。

桑:いいですね!

牟:普通「仕事するなら仕事、スポーツするならスポーツ」やけど、俺は逆をいってる。

桑:はい。

牟:「会社しながらプロスポーツ選手」っていないから、俺がなれたら、若い人が目指すきっかけになるかもしれん。新しい概念を見せたいな。

桑:サッカーの本田選手も、チーム経営で話題になりましたね。

牟:成功する人は、何しても成功すると思う。本田選手も、自分の目的を達成するために動いてて、方法は何でもイイはず。

桑:ふむ。

牟:マンガの「はじめの一歩」で、会長がメッチャイイこと言うねん。

努力したものが全て報われるとは限らん。
しかし、成功したものは皆すべからく努力しておる。

牟:フットサルも、プロ目指してる人はいっぱいいて、ホントになれるのは1%ぐらい。プロになれなくて会社で働いている人とか、たくさん見てきた。

桑:ふむ。。。

牟:努力が報われるとは限らんけど「成功する人は必ず努力している」。俺は、これをずっと思ってやってる。

 

編集後記

いろんなコトをすると「1つに集中したら」と批判を受ける。
結果を出せなきゃ「ほら見ろ」と笑われる。

でも、1つに集中することはリスクが高い。
牟田口さんも、自分で会社をやっているからこそ、プロフットサル選手を目指せる。

「働き方改革」と言われています。牟田口さんほどじゃなくても

  • こんな生活がしたい
  • もっと趣味の時間が欲しい
  • もっと家族の時間が欲しい

自分の頭で考えていることを実現するため、いろんな方法本気で考える
そういう人が増えたら、皆が盛り上がっていくと思います。

時間を創り出して、フットサルを見に行きましょう^^

牟田口勇人オフィシャルサイトはこちらから

関連記事