上場できる会社、上場できない会社

東芝が、東証2部に降格するらしい

東芝が2017年3月末、債務超過になり、東証2部に降格するそうです。

内部管理不備なら上場廃止=債務超過で東証2部転落-東芝

3月末までに半導体事業を売却して、債務超過を回避する予定でしたが、売却できない見込みになったとのこと。

上場できる会社上場できない会社をまとめてみます。

 

東証2部に降格する要件

東芝のように、東証1部から東証2部に降格する要件です。
どれか1つに当てはまれば、降格します。
日本取引所グループHPより要約)

株主数 2,000人未満
流通株式数 10,000単位 未満
流通株式時価総額 10億円未満
時価総額 20億円未満
債務超過 債務超過になったとき
売買高 最近1年間の月平均売買高が40単位未満     

東芝と同じように、シャープも2016年に債務超過になり、東証2部に降格しました。

 

上場廃止になる要件

上場廃止(東証から追い出される)要件です。
どれか1つに当てはまれば、上場廃止です。
日本取引所グループHPより要約)

株主数 400人未満
流通株式数 2,000単位未満
流通株式時価総額 5億円未満
流通株式比率 5%未満
時価総額 10億円未満 他
債務超過 1年以内に債務超過の状態でなくならなかったとき
売買高 最近1年間の月平均売買高が10単位未満 他
有価証券報告書等の提出遅延 法定提出期限の経過後1か月以内に提出しない場合
虚偽記載又は不適正意見等 a.有価証券報告書等に虚偽記載
b.「不適正意見」又は「意見の表明をしない」
特設注意市場銘柄等 特設注意市場銘柄の指定要件に該当するにもかかわらず、内部管理体制等について改善の見込みがない 他
上場契約違反等 上場契約に関する重大な違反を行った場合 他
その他 銀行取引の停止、破産手続 ・再生手続・更生手続、事業活動の停止、他

シャープは2017年、2年連続の債務超過になれば上場廃止です。
東芝も、2017年と2018年、2年連続で債務超過になれば上場廃止です。

ただ、東芝はそれ以前に、2017年3月期の第3四半期報告書を期限(2月14日)までに提出していません
期限後1か月以内(3月14日)に提出できなければ、上場廃止となります。

 

東証2部に上場するための要件

東証2部に上場する時は、厳しい要件があります。
東証1部に上場する時は、さらにレベルが上がります。

これをクリアした会社が、上の上場廃止の要件に該当するようなことは、とても珍しいことです。

主な要件を挙げてみます。(全て満たす必要があります。)
日本取引所グループHPより要約)

株主数 800人以上
流通株式数 4,000単位以上
流通株式時価総額 10億円以上
流通株式比率 上場株券等の30%以上
時価総額 20億円以上
純資産の額 連結純資産の額が10億円以上
(かつ、単体純資産の額が負でないこと)
利益の額又は時価総額 次のa又はbに適合すること

  1. 最近2年間の利益の額の総額が5億円以上であること
  2. 時価総額が500億円以上(最近1 年間における売上高が100 億円未満である場合を除く)
虚偽記載又は不適正意見等 最近2年間の有価証券報告書等に「虚偽記載」なし 他
企業の継続性及び収益性 継続的に事業を営み、かつ、安定的な収益基盤を有していること
企業経営の健全性 事業を公正かつ忠実に遂行していること
企業のコーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の有効性  コーポレート・ガバナンス及び内部管理体制適切に整備され、機能していること
企業内容等の開示の適正性 企業内容等の開示を適正に行うことができる状況にあること 

上場するためには、数字だけでなく

  • 安定的な収益基盤
  • コーポレート・ガバナンス及び内部管理体制
  • 企業内容等の開示を適正に行うことができる状況

といった定性的なことにも、厳しい審査があります。
だから「上場していること」が会社のステータスになるわけですが。。。

  • 管理を厳しくし過ぎると、日本企業の競争力が落ちる。
  • 管理を甘くすると、日本企業の信頼が落ちる。

日本企業が強くなるような仕組みを、創っていきたいですね。
仕組みで何とかなる問題では無く、個人個人の力の問題かもしれませんが。。

 

以上。最後まで読んで頂き、ありがとうございますm(__)m

関連記事