会社のワークライフバランス活動に参加している件

会社のワークライフバランス活動

僕の働く監査法人は、半分以上が公認会計士です。

  • 忙しい時期は、クソ忙しい
  • 女性の幹部は、メッチャ珍しい
  • 管理職になると、(残業代が無くなるから)給料が下がる?

「激務」のイメージがある通り、ワークライフバランスは遅れています

しかし、サークルみたいなワークライフバランス活動があり、会社からお金が出ています。

僕自身、結婚して

この働き方じゃ、子供が産まれて共働きはムリやなぁ

と思っています。そもそも

上司達みたいに仕事ばっかりしても、幸せになれんやろなぁ

と思っています。

嘆いても仕方ないので「社内でも、やれることはやってみよう」と思い、そのサークルに参加しました。

 

ワークライフバランスって、幅広い

そのサークルが具体的にやっていることは、

  • 社内交流イベント
  • 社員の子供向けイベント
  • 業務効率化の提案
  • 人事制度の周知
  • ノー残業Dayの呼びかけ

サークル活動なので、その時のメンバーのやる気次第です。
過去から、活動が盛り上がったり、萎んだりを繰り返しています。

ワークライフバランスの推進と言っても、幅が広過ぎます。
「他の会社は何をしてるんだろうか?」と疑問が湧いてきたので、調べました。

 

「イクボス」が今の答え

  • 女性活躍推進
  • 残業禁止
  • スーパーフライデー
  • 週休3日制

と、いろいろな活動があるようですが、

  • 従業員の立場で
  • 男女ともに出来ること

として、イクボスという答えがあるようです。

イクボスの定義は、とても難しい。
イクボスプロジェクトのNPO法人ファザーリング・ジャパンは、10カ条を挙げています。

こんな神様みたいな人間、いるワケねぇ。。
でも、理想を掲げるコトが大事。

 

仲間のプライベートも知らずに、良い仕事が出来るか?

 

監査法人にも、育児休暇・時短勤務などの制度はあります。
制度を使っている人への理解もあります。

しかしながら、

  • 時短勤務の人がいたら、他の人が頑張る
  • 女性は将来、産休・育休⇒時短勤務になるもの
  • 仕事大好き人間だけが、偉くなっていく。

という風土があります。

ホンモノのイクボス

  • 時短勤務の人だけが、育児をしているんじゃない。
  • 育児以外にも、ライフにはいろんなプライベートがある。

こういうことを理解している人は、すごく少ないでしょう。

 

そもそも、監査法人に限らず

他人のプライベートには、下手にツッコまない方がイイ

という風潮があります。
そんなことで良い仕事が出来るのでしょうか?。。。

 

会社でも、インタビューをしよう

  • 今の仕事が忙し過ぎる
  • 新しいことを考える余裕が無い

言い訳を考えると、いろいろあります。
そもそも、僕がワークライフバランス活動を始めることだけでも、

  • 忙しいのに、よくやるなぁ。
  • それって、子供がいる人の活動じゃないの?

と言われました。

思い返せば、僕自身が仕事プライベートを分けてきたので、

  • 僕がブロガーであること
  • インタビュー記事を書いていること
  • ワークライフバランスを本気で考えてきたこと

会社では、ほとんど知られていません
まずは、そこから変えていきたいと思います。

会社でも、インタビューをしよう

インタビューで、人のプライベートにツッコんでいきます。
その記事が、どこでどうなるかは、全くの未定ですが。

 

以上。
最後まで読んで頂き、ありがとうございますm(__)m

関連記事