試験(突破したから言えること)

全脳思考/ダイヤモンド社

この本いいです。
僕の中で、今年No.1です。

▽「おれ頭固いな」って思う人
▽リーダーを目指す人

ぜひ読むべき1冊です。

 

 

もうすぐ大学の友人が公務員試験、本命を受けるということで
今日は「試験」について書いてみます。
(ちなみにその友人は大学で1番いい人なので、桑理が珍しく素直に応援しています^^)

 

ちょっと自慢になりますが、
高校受験⇒大学受験⇒公認会計士試験と
僕は最安の費用でこなしてきました。

周りから「桑理の勉強スタイルは、規則正しすぎてマネできない」
と言われてきました。

1番で合格することを目指して、
実際は上位10%ぐらいの成績で合格してきました。

だからこそ、声を大にして言いたいことがあります。

 

 

「試験に受かったって、何もできひんよ」

 

 

謙遜でも、何でもありません。
実際に何も出来ないのだから、仕方ありません。
(お米が炊けなくたって、試験には通ります。笑)

それなのに、
試験の結果で、周りの評価は180度変わります。

 

▽僕なんかよりずっと辛いことを経験して、それでも頑張っている人
▽家庭の事情で、勉強をしている場合ではなかった人
▽そもそも生きるために精一杯で、勉強なんかやったこともない人

 

僕より評価されるべき人はたくさんいるのに、人は肩書で、人を評価します。
そのことを良く理解している人は、僕にこう問いかけます。

 

 

「会計士になって、何をするの?」

試験というのは、
「何かの権利を得るための戦い」です。

その権利をどう使うかなんて関係なく、
試験の場で結果を出したやつに、その権利は与えられます。

 

具体例を出すと、

「神戸大学経営学部の三品先生のゼミに入って、経営を学ぶんだ!」という人と
「神大ってオシャレやし、文系は楽やから選んだ」という人と

どっちが入学できるでしょうか?

 

答えは

 

「入学試験で結果を出した方」です。

本番の日に何が起ころうと、それだけで評価されます。
試験というのはそういうものです。

結果に流されず、その人自体をしっかり見れるようになりたいですね。

 

 

最後に

偉そうなことを散々言ってきましたが、
僕には「会計士になってやりたいこと」は特にございません。
試験という戦いに挑戦するプロセス」が好きだっただけです。

最も試験に通る必要の無い、権利を得る必要の無いタイプの人間です。

でもそういう才能を得て生まれた以上、
今後も難しそうなことに、楽しみながら挑戦していきます。

僕とは違うタイプ
「権利を得るために頑張る人」
志を持って頑張る人
を応援します。

(僕の友人は「志を持って頑張る人」です。だから“珍しく素直に”応援しております^^)

以上です。

最後まで読んで頂き、有難うございました。

関連記事

試験(突破したから言えること)」への1件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ここ最近で一番好きな記事かも!
    今後も楽しみにしとります( ̄ー ̄)
    あと7月15日も楽しみにしとります(^^)

コメントは停止中です。