藤浪投手は、中西コーチに戻れば再生する。

以下、wikipedia、日本野球機構HPより情報を収集しています。

日本球界の宝 藤浪晋太郎投手

  • 1994年生まれ 24歳
  • 大阪桐蔭高校時代 エースとして春夏連覇を達成
  • 4球団競合の末、ドラフト1位で阪神へ
  • 最速160km/hのストレート、140km/hを超えるフォークを投げる本格派

投手としては、大谷選手と並び、まさに日本球界の宝である。

2016年から勝てなくなった。

プロになって3年間は、順調に勝ってきた。
特に3年目は、14勝のうち完封4回。日本球界のエースになったように見えた。

しかし、2016年は7勝止まり、2017年3勝、2018年も8月までで2勝。

本格的に悪くなったのは、2017年から。

勝率と防御率の関係を整理した。

2013年~2016年まで、防御率は3.00前後で推移している。
7勝止まりだった2016年の防御率は、11勝した2014年と変わらない。

しかし、2017年から防御率が急に悪化。
もはや、4割の勝率を維持しているのは、ラッキーだろう。

2017年から四死球が増えた。

打者に対する、四死球と安打の割合。

2016年までは、どちらの数字も安定している。
被安打率が2割前後というのは、良い投手の証拠。

2017年から、急に四死球が増えた。
2018年は、四死球を減らそうとして、打たれるようになった。

身体が大きく・固くなってきた

高校時代と2018年フォームを比較した動画があった。

高校時代から、超インステップの独特な投げ方だが、身体が細く・柔らかかった
だから、そこそこコントロールが付いていた。

2018年は、身体が大きく・固くなっている
超インステップでは、コントロールが付かない。

絶好調だった2015年と2016年のフォームを比較する動画もあった。

まだ身体が軽く・柔らかい、かつ特に2015年はフォームもキレイ

藤浪投手がダメになったのは、

  • 身体が大きく・固くなった
  • フォームが悪くなった

この2つと分析する。

2016年にチームが変わった

藤浪投手が入団してからの阪神の動きを整理した。

年度 順位 監督 1軍投手コーチ 2軍投手コーチ 主な捕手
2013 2位 和田 中西 山口 久保 湯舟・藪 藤井
2014 2位 和田 中西 山口 久保 湯舟 鶴岡・梅野
2015 3位 和田 中西 山口 久保 香田 鶴岡
2016 4位 金本 香田 金村 久保 高橋 梅野・原口
2017 2位 金本 香田 金村 久保 高橋 梅野
2018 4位 金本 香田 金村 高橋 福原 梅野

2016年に、監督・投手コーチ2人・捕手が総代わりしている。
藤浪投手にとって、違うチームになったようなモノだろう。

  • 誰かが、身体を大きくするようアドバイスした。
    (または、本人の意思を止めなかった。)
  • フォームをアドバイス出来る人がいなくなった。
    (2013年のオフから、中西コーチと一緒にフォーム修正をしたと言われている。)

今の阪神タイガースに出来ることは、

藤浪投手の専属でも、中西コーチを呼び戻すこと

それしかない。

 

以上。最後まで読んで頂き、ありがとうございます(m_ _m)

関連記事